コンテンツにスキップ

JetRacer Kit Carbon Edition 4GBモデル 組み立て

JetRacer

完成例:JetRacer Kit GRスープラボディ装着車

対象モデル

コード番号
コード番号:JR1-S-C-D
コード番号:JR1-B-C-D
コード番号:JR1-NV-C-D

<主な変更点>

Wi-Fiルータをオプション化いたしました。(別売)

コントローラー基板の表示器を分割化。

対応車種拡大

モバイルバッテリーの変更

※組み立ての際、ニッパ、カッターナイフが必要となります。お客様であらかじめご準備願います。

※モバイルバッテリーの充電には、別途Type-Cケーブルを必要となります。



タミヤ TT-02をベースにJetRacer Kitを組み立てます。

※車体レスモデルは、お客様でご用意ください。 ※モバイルバッテリーの充電にはUSBタイプCのケーブルと充電器が必要でございます。お客様でご準備ください。

LEDマウントの組み立て

写真 部品または工具 個数
拡張ボディカーボンロワーパネル 1枚
拡張ボディ カーボンエディション用LEDマウント 1枚
樹脂六角スペーサー(黒色)M3×18・・・・4
皿ネジM3×10・・・・4
ナット M3・・・・4
1袋
プラスドライバー +2×100 1本
ナットドライバー 5.5 1本

はじめに、部品を用意します。

皿モミがある方を下側となります。

M3×10のねじ通します。

樹脂六角スペーサーで4か所締めます。

LEDマウントを用意します。

M3×10ねじを左右2か所通します。

LEDマウントもねじを通します。

ナットをねじに取り付けます。

ナットドライバーにてしっかりと締め付けます。

写真 部品または工具 個数
TT-02 RCカー本体 TT02 XBプロ
エキスパートビルド
※完成品
※車種はお選びいただくことはできません。
1台
モバイルバッテリー 1個
両面テープ 2枚
プラスドライバー +2×100 1本
ニッパー 1本

RCカー本体を用意します。

モーターカバーのネジ4本を取り外し、モーターカバーを取り外します。

プラスドライバーでねじを外します。

カーバーを取ります。

矢印の箇所のネジ4本を取り外します。

矢印の取り外したねじは、このあとのカーボンパネル取り付けに使用します。

RC付属の電池を用意します。

部品を取り外し、

バッテリーをRCカーに載せて固定します。

ケーブルを切断したり、傷つけないように注意し、ニッパーで矢印の結束バンドを切断します。

コネクタをを受信機から取り外します。

ロワーパネルを車体に取り付けます。

ねじ位置を合わせます。

車体から取り除いた4本のタッピングビスを使い、ねじ穴が壊れないように仮締めを行います。

ドライバーで本締めします。

バッテリーと両面テープ2枚を用意します。

モバイルバッテリー裏面に両面テープを2か所貼ります。

モバイルバッテリーとロワーパネルを両面テープで接着させます。モバイルバッテリーを中央ではなく片方に寄せます。(モバイルバッテリーの残量ランプを見やすくするため)

カメラマウントを組み立てます。

写真 部品または工具 個数
TT-02 CAM026 IMX219-160° 1台
拡張ボディ カーボンエディション用カメラ、タッピングねじ4本 1セット
六角棒レンチ 1.5 1本

カメラマウントにカメラモジュール取り付けます。

付属の六角棒レンチでタッピングネジを4箇所取り付けます。

カメラモジュール取り付け完了


シャーシの組み立て(上側)

写真 部品または工具 個数
Wi-Fi支持パーツ(Rev6) 1枚

アッパーパネルもしくはアッパーパネル(NSX専用)

※車体レスモデルは、車体に合わせてご使用ください。
1枚
拡張ボディ カーボンエディション用カメラ セットの中の皿ネジとM3ナット 1セット

六角スペーサー(樹脂 両メネジ白色または黒色10ミリ)・・・・4
皿ネジM2.6×5・・・・4
なべねじM2.6×5・・・・4
1袋
ナットドライバー 5.5 1本

アッパーパネル(下)または、アッパーパネルNSX専用(上)を準備します。

カーボンアッパーパネルの表裏を確認します。皿モミがある方を下側となります。白い矢印を指し示す穴を使用します。

カーボンアッパーパネルの皿モミがある方を裏に置き、つづいてWi-Fi支持パーツを下の写真の所へ配置します。

組み立てたカメラ部品を以下のように配置し

以下の指示するところに4本のM3x15皿ネジを取り付けます。

M3のナット4個を取り付けます。

樹脂スペーサーと皿ねじM2.6を用意します。

皿ねじを裏側から通します。

ねじをセットし、

樹脂スペーサを回して取り付けます。

同じように4ヶ所取りつけます。

カメラマウントの取り付けは完了しました。

Wi-FiとCPUファンの取り付け

写真 部品または工具 個数
JetsonNano Jetson開発者キットB-01 1台
JetsonNano Intel Dual Bandwireless-AC 8265 Desktop Kit 1個
プラスドライバー +2×100 1本
JetsonNano 精密ドライバーセット ED−20 1セット

次にWi-Fiモジュールを取り付けます。

Jetson開発者キットの2つのネジを付属の精密ドライバーで2箇所はずします。
※ネジの山かけに注意します。

JetsonNano

Jetson開発者キットからJetson Nanoを取り外します。Jetson Nanoは、2箇所のつめで固定されているので、両側のつめを外側に指で軽く押します。

JetsonNano

Jetson Nanoが斜めに上がります。

JetsonNano

Jetson Nanoをはずすと、ネジとスロットが確認できます。

JetsonNano

ドライバーでネジを取り除きます。

JetsonNano

Wi-Fiモジュールをスロットに刺します。

JetsonNano

黒いネジでモジュールを取り付けます。

JetsonNano

2本のWi-FiアンテナケーブルとWi-Fiモジュールを繋ぎます。

JetsonNano

JetsonNano

JetsonNanoを開発者キットへ差し込み、ネジで取り付けます。

JetsonNano


CPUファンを取り付けます。

付属のボディをご使用する場合は、ボディが干渉しますのでDCファンは取り付けません。

写真 部品または工具 個数
JetsonNano DCファン FD401B1H-AP00 DC5V,0.16A 1個
JetsonNano CPUファン取り付けジグ 1個
JetsonNano
JetsonNano
ファン固定ネジ
※上または下のものになります。
1袋
JetsonNano 精密ドライバーセット ED−20

※ファン固定ねじがプラスドライバで締め付ける場合は、こちらをドライバーセットをご使用ください。
1セット
六角棒レンチ 1.5

※ファン固定ねじ六角棒で締め付ける場合は、こちらをご使用ください。
1本

DCファンをヒートシンクの上に載せます。

DCFAN

CPUファン取り付けジグを用意します。

DCFAN

ナットをCPUファン取り付けジグに写真のように載せます。

DCFAN

CPUファン取り付けジグをヒートシンクのフィンの間に刺して、CPUファン固定ネジを刺します。

DCFAN2

六角棒レンチでネジを締めます。

DCFAN2

反対側も同じようにCPUファン取り付けジグを刺してネジを刺します。

DCFAN2

同じように六角棒レンチで2箇所締めます。

DCFAN2

ネジの締め付けが終わったら、CPUファン取り付けジグを取ります。

DCFAN2

CPUファンのコネクタをJetson開発者ボードにあるコネクタに刺します。

DCFAN3

以下の写真のようにコネクタを刺します。

DCFAN3

CPUファン取り付けは完了です。

DCFAN3

Jetson開発者キットとパネルとの結合

Jetson開発者キットをパネルに固定する為のスペーサーを取り付けます。

写真 部品または工具 個数
なべネジM2.6×5・・・・4 1本
ナット M3 4個
ナットドライバー 5.5 1本
精密ドライバー P柄 1本

M3のねじ4個を用意します。

DCFAN2

アッパーパネルをロワーパネルに載せます。

DCFAN2

ナットドライバーにより、アッパーパネルを取り付けます。(4か所)

DCFAN2

Wi-Fiモジュールを取り付けたJetson Nanoを用意します。

DCFAN2

Jetsonをスペーサの上に載せます。

DCFAN2

なべねじを用意します。

DCFAN0

精密ドライバーによりなべねじを4か所ねじを締めてJetson Nanoを取り付けます。

DCFAN2

カメラケーブル接続

Jetson Nano B01 開発者キットには、CAM0,CAM1の2つのカメラポートがありますが、CAM0にカメラケーブルを接続します。

ControllerBoard

Jetson Nanoのカメラ端子のコネクタ両サイドのロックを持ち上げます。

ControllerBoard

カメラケーブルを刺します。

ControllerBoard

コネクタのロック真ん中を指で押し、固定します。

ControllerBoard

カメラのケーブルは取り付け完了しました。

DCFAN2

Wi-Fiアンテナの取り付け

写真 部品または工具 個数
スパナ 1本

Wi-Fiアンテナの端子を下向きに取り付けます。

DCFAN2

歯車ワッシャーを通し、金具のナットをねじ込み、スパナで締め取り付けます。

DCFAN2

両側にもWi-Fiアンテナ端子を取り付けます。

DCFAN2

Wi-Fiアンテナケーブルを結束

写真 部品または工具 個数
TT-02 結束バンド 2枚

Wi-Fiアンテナケーブルを結束バンドで束ねます。

ControllerBoard

束ねたケーブルはJetson Nano基板の下に入れます。

ControllerBoard

ジャンパーピンの設定

DCジャックからJetson開発者キットへ給電しますので、下の写真のように、ジャンパーピンをオープンからショートにします。

ControllerBoard

OLEDボード及びコントローラボードの装着

写真 部品または工具 個数
TT-02 FaBo #405 Color LEDボード (OLED付) 1枚
TT-02 FaBo 4ピンケーブル 2本
TT-02 タッピングビス 2本
六角棒レンチ 1.5 1本
FaBo #612 コントローラーボード 1枚
RCケーブル3ピン メスプラグ 3本 1セット

OLEDボード、4ピンケーブル2本、タッピングビス2本を用意します。

DCFAN2

六角レンチを用いてタッピングビスで2か所取り付けます。

DCFAN2

4ピンのケーブルを両側に取り付けます。

DCFAN2

コントローラボード612と3ピンケーブル3本を用意します。

DCFAN2

コントローラー基板に4ピンケーブルをそれぞれ取り付けます。

DCFAN2

40Pinヘッダーに取り付けます。

DCFAN2

送信機のコネクター口を確認します。上から1,2,B

DCFAN2

送信機に3ピンのケーブルをそれぞれ3か所刺します。

DCFAN2

次にコントローラ基板の差し込み口を確認します。黒いケーブルをコントローラー基板の白い矩形の印に接続します。

DCFAN2

送信機とコントローラー基板(1,2,3)ケーブルを接続します。Bは3となります。

DCFAN2

サーボとスピードコントローラのコネクタを確認します。左:スピードコントローラ(スロットル信号)、右:サーボ(ステアリング信号)

DCFAN2

ステアリング信号をコントローラーボード基板のSTへ接続、スロットル信号は、THへ接続します。(STコネクタは、両側が1ピン分空きます。)

DCFAN2

Wi-Fiルータの取り付け

Wi-Fiルータオプション品(別売り)または、セット品の場合取りつけます。

写真 部品または工具 個数
Wi-Fiルーター WMR-433W2 1台
LANケーブル 0.15m 1本
Wi-Fiルーター用 USBケーブル 標準A-マイクロB 1本
両面テープ(オプション品に付属のもの) 1枚

Wi-Fiルーター(オプション)を設置するのには、両面テープ1枚用意します。

DCFAN2

Wi-Fiルーターに両面テープを貼ります。

DCFAN2

LEDマウントの台に貼り付けます。

DCFAN2

マイクロUSBケーブルを用意します。

※Wi-Fiルータは消費電力が比較的大きく使用ない時は、USBケーブルを抜きます。

DCFAN2

USBコネクタをモバイルバッテリーに接続します。

DCFAN2

マイクロUSBコネクタをモバイルバッテリーに接続します。

DCFAN2

LANケーブルを用意します。

DCFAN2

LANケーブルを接続します。

DCFAN2

Jetson Nanoに接続します。

DCFAN2

Wi-Fiアンテナの取り付け

写真 部品または工具 個数
結束バンド 1枚

Wi-Fiアンテナを用意し、両サイドのアンテナ端子に接続してねじ込んで取り付けます。

DCFAN2

RCカーの電源がオフになっていることを確認します。(思わぬ発進を防止するため)

DCFAN2

コネクタを取り付けます。(予期しない発進を防止するために、本体を台に載せましょう)

DCFAN2

DCプラグケーブルを用意しUSBコネクタをモバイルバッテリーに繋ぎます。

DCFAN2

後輪タイヤにケーブルが当たらないように、結束バンドで基板とケーブルを結束します。

DCFAN2

SDカード挿入

写真 部品または工具 個数
マイクロSDカード(64GB),SDカードケース 各1個

Jetson NanoにSDカードをSDカードの端子がこちらから見えるように挿入します。

JetRacer

電源投入

写真 部品または工具 個数
単三アルカリ乾電池 4本

Jetson開発者キットに電源を投入します。バッテリーを切断しておき、RCカーの電源は、急発進や暴走の原因となりますので、絶対に電源はオフにします。確認できたら、DCジャックをDCプラグに繋ぎます。

DCジャック接続

DCFAN2

LEDのランプが点灯し、しばらくするとOLEDが表示されます。

DCFAN2

内部組み立て 完成!

DCFAN2

※電源投入時は、特にRCカーの暴走に注意してください。

JetRacer

RCカーのスイッチをスライドさせ、RCカーに電源を投入します。

※電源投入時は、特にRCカーの暴走に注意してください。

JetRacer

TT-02のプロポに単三電池4本入れます。

JetRacer

プロポの電源をONします。プロポの赤色ランプが点灯します。

JetRacer

LEDが緑色のときは、通常のRCカーとして操作モードになります。(RCカーモード)

JetRacer

プロポの裏側のボタンを押すとモードが切り替えられます。

JetRacer

LEDが赤色のときは、JetsonがRCカーを操縦するモードになります。(AIモード)

JetRacer

付属ボディを使用する場合(トヨタGRスープラボディの場合)

ボディによってボディマウントエクステンションの高さを調整します。(フロント)

JetRacer

ボディによってボディマウントエクステンションの高さを調整します。(リア)

JetRacer

下の写真のようにボディをカットします。フロント部分中央下部(トヨタGRスープラボディの場合)

JetRacer

シャーシとボディを結合します。

JetRacer

カメラを通します。

JetRacer

ボディの高さがよろしければ付属のピンにより固定します。

JetRacer

ボディ装着後

JetRacer

動作が確認できましたら、以上JetRacerKitの組み立ては完了となります。 カメラにレンズキャップがついている場合は取り外します。 お疲れ様でした。