Skip to content

JetRacer Kit Carbon Edition 4GBモデル 組み立て

JetRacer

JetRacer Kit GRスープラボディ装着車

対象モデル

コード番号
コード番号:JR1-S-C-C
コード番号:JR1-NV-C-C

<主な変更点>

アッパーパネルをアルミ製からカーボンファイバー製に変更いたしました。 ボディ装着対応(トヨタGRスープラのみ確認済み)



タミヤ TT-02をベースにJetRacer Kitを組み立てます。

※車体レスモデルは、お客様でご用意ください。

カメラマウント、LEDマウントの組み立て

写真 部品または工具 個数
CAM026 IMX219-160° 1個
拡張ボディカーボンアッパーパネル
1枚
拡張ボディカーボンロワーパネル 1枚
Wi-Fi支持パーツ
材質:FR-4
1枚
拡張ボディカーボンエディション用カメラマウント・・・1
拡張ボディカーボンエディション用LEDマウント・・・・1
皿ネジM3x15・・・・4
皿ネジM3x10・・・・2
ナットM3・・・・6
六角穴付きボルトセルフタッピングネジM2x6・・・・6
1袋
Color LEDボード 1枚
六角棒レンチ 1.5 1本
プラスドライバー +2×100 1本
ナットドライバー 5.5 1本

カメラマウントを組み立てます。

カメラマウントにカメラモジュール取り付けます。

付属の六角棒レンチでタッピングネジを4箇所取り付けます。

カメラモジュール取り付け完了


LEDボードを組み立てます。

LEDマウントにLEDボードを取り付けます。

付属の六角棒レンチでタッピングネジを2箇所取り付けます。

LEDボード取り付け向き 横から見た場合

LEDマウント(Rev2)

LEDボード取り付け完了

シャーシの組み立て(上側)

写真 部品または工具 個数
樹脂六角スペーサー(黒色)M3x18・・・・4
皿ネジM3x10・・・・4
ナットM3・・・・4
1袋
Wi-Fi支持パーツ 1枚

ほか、拡張ボディカーボンアッパーパネル 1枚、拡張ボディカーボンアッパーパネルロワーパネル 1枚

M3x15皿ネジ 4個 、M3ナット 6個

を用意します。

カーボンアッパーパネルの表裏を確認します。皿モミがある方を下側となります。

カーボンアッパーパネルの皿モミがある方を裏に置き、つづいてWI-FI支持パーツを下の写真の所へ配置します。

組み立てたカメラ部品を以下のように配置し

以下の指示するところに4本のM3x15皿ネジを取り付けます。

M3のナット4個を取り付けます。

カメラモジュールの取り付けは完了です。

シャーシの組み立て(下側)

カーボンロワーパネルにLEDマウントを皿ネジとナットで取り付けます。

ネジの方向は、窪みがある方向から皿ネジを通します。

下記の矢印のところに、ネジを2箇所取り付けます。

コネクタは車体外向きに取り付けます。(GRスープラの場合)

リアボディが低い車体の場合は車体に対して内向きに取り付けます。(GRスープラ以外) ※車種によっては適合しない場合がございます。ご了承ください。

ナットドライバーにて締め付けします。

LEDマウント取り付け完了

皿ネジ M3×10 4個 , 樹脂六角スペーサー(黒) M3×18 4個を用意します。

ネジを締めます。

4箇所締めます。

Wi-FiとCPUファンの取り付け

写真 部品または工具 個数
JetsonNano Jetson開発者キットB-01 1台

Jetson開発者キット、DCファン、Wi-Fiモジュール、CPUファン取り付けジグ、ファン固定ネジ

JetsonNano

Wi-Fiアンテナケーブルを取り付けます。

写真 部品または工具 個数
Intel Dual Bandwireless-AC 8265 Desktop Kit 1個

Wi-Fiモジュールセットの金具からスパナでアンテナを取り出し、アッパーパネルの左右に取り付けます。

ワッシャーを取り付けます。

付属のボディご使用の場合は、カメラ設置側とは反対方向に取り付けます。(Wi-Fiアンテナは下側に設置)

ケーブルを付属のスパナで取り付けます。

同じように両側にWiFiアンテナ端子を取り付けます。


次にWi-Fiモジュールを取り付けます。

Jetson開発者キットの2つのネジを付属の精密ドライバーで2箇所はずします。
※ネジの山かけに注意します。

JetsonNano

Jetson開発者キットからJetson Nanoを取り外します。Jetson Nanoは、2箇所のつめで固定されているので、両側のつめを外側に指で軽く押します。

JetsonNano

Jetson Nanoが斜めに上がります。

JetsonNano

Jetson Nanoをはずすと、ネジとスロットが確認できます。

JetsonNano

ドライバーでネジを取り除きます。

JetsonNano

Wi-Fiモジュールをスロットに刺します。

JetsonNano

黒いネジでモジュールを取り付けます。

JetsonNano

2本のWi-FiアンテナケーブルとWi-Fiモジュールを繋ぎます。

JetsonNano

JetsonNano

JetsonNanoを開発者キットへ差し込み、ネジで取り付けます。

JetsonNano


CPUファンを取り付けます。

付属のボディをご使用する場合は、ボディが干渉しますのでDCファンは取り付けません。

写真 部品または工具 個数
DCファン FD401B1H-AP00 DC5V,0.16A 1個
CPUファン取り付けジグ 1個
ファン固定ネジ

M2.5×14・・・・4
ナットM2.5・・・・5(予備1)
1袋

DCファンをヒートシンクの上に載せます。

DCFAN

CPUファン取り付けジグを用意します。

DCFAN

ナットをCPUファン取り付けジグに写真のように載せます。

DCFAN

CPUファン取り付けジグをヒートシンクのフィンの間に刺して、CPUファン固定ネジを刺します。

DCFAN2

六角棒レンチでネジを締めます。

DCFAN2

反対側も同じようにCPUファン取り付けジグを刺してネジを刺します。

DCFAN2

同じように六角棒レンチで2箇所締めます。

DCFAN2

ネジの締め付けが終わったら、CPUファン取り付けジグを取ります。

DCFAN2

CPUファンのコネクタをJetson開発者ボードにあるコネクタに刺します。

DCFAN3

以下の写真のようにコネクタを刺します。

DCFAN3

CPUファン取り付けは完了です。

DCFAN3

Jetson開発者キットとパネルとの結合準備

Jetson開発者キットをパネルに固定する為のスペーサーを取り付けます。

写真 部品または工具 個数

六角スペーサー(樹脂 両メネジ白色または黒色10ミリ)・・・・4
皿ネジM2.6×5・・・・4
なべねじM2.6×5・・・・4
1袋

樹脂スペーサ、ねじを用意します。

DCFAN2

皿ねじM2.6を4箇所刺して、 

DCFAN2

スペーサを回転させ、取り付けます。

DCFAN2

Jetson開発者キット固定用のスペーサー取り付け終了になります。

DCFAN2

RCカーと結合

写真 部品または工具 個数
TT-02 RCカー本体 TT02 XBプロ
エキスパートビルド
※完成品
※車種はお選びいただくことはできません。
1枚
Wi-Fiルーター WMR-433W2
※ボディカラーはお選びいただくことはできません。
※写真はホワイトです。
1個
Wi-Fiルーター用 USBケーブル 標準A-マイクロB(A 右向き、B左向き)0.25m 1個
モバイルバッテリー (BI-B3)
※新パッケージの場合
1個
両面テープ 3枚
精密ドライバー P柄 1本

矢印の箇所のネジ4本を取り外します。

モーターカバーのネジ4本を取り外し、モーターカバーを取り外します。

バッテリーを装着します。

ボディとロワーパネルを用意します。

DCFAN2

ロワーパネルをTT-02車体に載せます。

DCFAN2

ドライバーでRCカーからはずしたネジで4箇所締めます。

DCFAN2

アッパーパネルとJetson Nano、両面テープ3枚、無線LANルーター、モバイルバッテリーを用意します。

DCFAN2

モバイルバッテリーに2枚の両面テープを貼ります。

DCFAN2

無線LANルーターに両面テープを貼ります。

DCFAN2

無線LANルーターとモバイルバッテリーをアッパーパネルに貼り付け、ルーターの電源ケーブルを下記の写真のように接続します。

DCFAN2

接続すると無線LANルーターが起動しますので、モバイルバッテリーのボタンをダブルクリックして電源を切ります。ダブルクリックすると電源がきれて、数値が表示されなくなります。

DCFAN2

車体にアッパーパネルを載せます。

DCFAN2

Wi-Fiアンテナのケーブルを矢印の示すスペーサーの右側にくるように配置します。

DCFAN2

車体にアッパーパネルを載せて、ナットを4箇所をナットドライバーで固定します。

DCFAN2

Jetson開発者キットの取り付け

DCFAN2

ビスを用意して、Jetson開発者キットをスペーサーの上に載せます。

DCFAN2

ドライバーで4箇所固定します。

DCFAN2

Jetson開発者キット取り付け完了です。

DCFAN2

カメラケーブル接続

Jetson Nano B01 開発者キットには、CAM0,CAM1の2つのカメラポートがありますが、CAM0にカメラケーブルを接続します。

ControllerBoard

Jetson Nanoのカメラ端子のコネクタ両サイドのロックを持ち上げます。

ControllerBoard

カメラケーブルを刺します。

ControllerBoard

コネクタのロック真ん中を指で押し、固定します。

ControllerBoard

Wi-Fiアンテナケーブルを結束

写真 部品または工具 個数
TT-02 結束バンド 1枚

Wi-Fiアンテナケーブルを結束バンドで束ねます。

ControllerBoard

束ねたケーブルはJetson Nano基板の下に入れます。

ControllerBoard

ジャンパーピンの設定

DCジャックからJetson開発者キットへ給電しますので、下の写真のように、ジャンパーピンをオープンからショートにします。

ControllerBoard

コントローラーボードの装着

写真 部品または工具 個数
FaBo #612 コントローラーボード 1枚

ControllerBoard

コントローラーボードの取り付け完了

ControllerBoard

RCカー信号の配線

写真 部品または工具 個数
RCケーブル3ピン メスプラグ 3本 1セット

RCカーの信号入力ケーブルを確認します。スピードコントローラから繋がっているケーブル、サーボモータに繋がっているケーブル

RC

コントローラボードのTHをスピードコントローラ、スピードコントローラのSTをサーボに繋ぎます。

RC

RCカー受信機出力している3つの信号をコントローラボードへ繋ぎます。

RC

RCカー受信機からは、1〜3チャンネルの信号が出力されます。

RC

3ピンケーブルを受信機に各ピンそれぞれ繋ぎます。

#612コントローラボードの1、2、3へ接続できましたら、RCとの信号配線は完了です。

RC

ルーターとの配線

写真 部品または工具 個数
LANケーブル 0.15m 1本

無線LANルーターとJetson開発キットをLANケーブルで繋ぎます。

RC

LEDボード

写真 部品または工具 個数
FaBo 4ピンケーブル 0.15m 1本

LEDボードとコントローラボードを配線します。

Wi-Fiアンテナの固定

Wi-Fiアンテナを回してたてます。

JetRacer

ボディをご使用する場合は、矢印のところを回して下側にWi-Fiアンテナを両サイドに固定します。

JetRacer

Wi-Fiアンテナ取り付け完了。

JetRacer

SDカード挿入

写真 部品または工具 個数
マイクロSDカード(32GB),SDカードケース
サムスンEVO
1個

Jetson NanoにSDカードをSDカードの端子がこちらから見えるように挿入します。

JetRacer

Jetson開発者キットに電源を投入します。バッテリーを切断しておき、RCカーの電源は、急発進や暴走の原因となりますので、絶対に電源はオフにします。確認できたら、DCジャックをDCプラグに繋ぎます。

電源投入

写真 部品または工具 個数
単三アルカリ乾電池 4本 (プロポに使用)
※写真と異なる場合がございます。
1枚

モバイルバッテリーの電源をONします。

おおよそのバッテリー残量が表示される。

Jetson開発者キットの緑色の各LEDが発光します。

JetRacer

コントローラーボードのOLEDにIPアドレス、メモリ使用率など表示されます。

JetRacer

コネクタを接続し、RCカーの電源を繋ぎます。

※電源投入時は、特にRCカーの暴走に注意してください。

JetRacer

RCカーのスイッチをスライドさせ、RCカーに電源を投入します。

※電源投入時は、特にRCカーの暴走に注意してください。

JetRacer

TT-02のプロポに単三電池4本入れます。

JetRacer

プロポの電源をONします。プロポの赤色ランプが点灯します。

JetRacer

LEDが緑色のときは、通常のRCカーとして操作モードになります。(RCカーモード)

JetRacer

プロポの裏側のボタンを押すとモードが切り替えられます。

JetRacer

LEDが赤色のときは、JetsonがRCカーを操縦するモードになります。(AIモード)

JetRacer

付属ボディを使用する場合(トヨタGRスープラボディの場合)

ボディによってボディマウントエクステンションの高さを調整します。(フロント)

JetRacer

ボディによってボディマウントエクステンションの高さを調整します。(リア)

JetRacer

下の写真のようにボディをカットします。フロント部分中央下部(トヨタGRスープラボディの場合)

JetRacer

シャーシとボディを結合します。

JetRacer

カメラを通します。

JetRacer

ボディの高さがよろしければ付属のピンにより固定します。

JetRacer

ボディ装着後

JetRacer

※車体レスモデル ボディ形状によっては干渉し、使用できない場合がございます。

動作が確認できましたら、以上JetRacerKitの組み立ては完了となります。 カメラにレンズキャップがついている場合は取り外します。 お疲れ様でした。

JetRacer