Skip to content

3.7 水晶発信子の配置

配置するパーツ

部品名 場所 データシート
クリスタル(16MHz) FaBo-Crystal+CRYSTAL+CRYSTAL-HC49/S データシート

XTALの配置

ツールバーよりAdd Partを選択します。

FaBo-Crystal+CRYSTAL+CRYSTAL-HC49/Sを選択します。

水晶発信子の両側の線を伸ばします。

ツールバーよりNetを選択します。

水晶発信子の左右に線を引きます。

表示用のラベルを追加します。

ツールバーよりLabelを選択します。

左右のそれぞれの線に対してラベルを追加します。

追加した線の名称の変更をします。

ツールバーよりNameを選択します。

左右の線の名称を「PB6」「PB7」に変更します。

接続の確認

セラミックコンデンサとGNDの追加

コンデンサとGNDを追加します。

どちらも既に配置済みですので、コピーして配置します。

  1. GNDをCopyして配置。
  2. コンデンサをCopyして配置。
  3. Netで配線。
  4. Valueでコンデンサの値を22pFに書き換え