Skip to content

3.6 ICの配置

Arduino Unoで使用されている「ATMEGA328P」を配置します。

配置するパーツ

部品名 場所 データシート
ATMEGA328P FaBo-MPU+ATMEGA328P_PDIP データシート

ATMEGA328の配置

ATMEGA328Pを配置します。

ツールバーよりAdd Partを選択します。

FaBo-MPU+ATMEGA328P_PDIPを選択します。

ATMEGA328Pは空いている箇所に配置します。

Note

余裕を持って配置してください。

線を引き、ラベル名をつける

ツールバーよりNetを選択します。

ICから出ている線、電源関連の線以外の全てに線を追加します。

ツールバーよりLabelを選択します。

1回目のクリックで対象を決め、2回目のクリックで場所が決まります。電源関連以外の部分に追加します。

ラベル名の変更

ツールバーよりValueを選択します。

先ほど引いた線をクリックし、それぞれの名称を入力します。

GNDと5V電源

+5VGNDを追加しますが、既に配置している部品については、ツールバーのCopyにてコピーすることができます。

使用方法はCopy選択後、配置済みの部品をクリックし、次に配置したい場所にクリックすれば完了です。

コピーした部品は下のように配置します。

ツールバーのCopyを選択し配線します。

+5Vは「AVCC」と「VCC」へ、GNDは左下にあるGND2箇所にそれぞれ配線します。

AREFの配線

1.Netで線を引きます。 2.Labelでラベルをつけます。 3.Valueで名前をAREFに変更します。