Skip to content

3.4 Arduino基板の配置

配置するパーツ

部品名 場所
Arduino基板のテンプレート FaBo-Template+FABO-ARDUINO

配置

EagleのSchematicのメニューから、Add Partを選択します。

FaBo-Template+FABO-ARDUINOを選択します。

部品を配置します。

Warning

配置が完了しても、同じモードが続きますので、ESCでキャンセルします。

保存

EagleメニューからFile+Save Asを選択します。

レイアウト

EagleのSchematicのメニューから、Generate/switch to boardsを選択します。

DELETE を選択し、境界線を削除します。

MOVE を選択し、左端の下が中央に来るように合わせます。

レイアウトプレビュー

MANUFACTURING を選択し、プレビューを表示します。