Skip to content

227 relayArray

特徴

8チャンネルリレー

FaBoの227リレーは8個のリレーと搭載しておりomron G2RL-1 5VDCを採用しております。 大電流(10A)を流すことができます。また、インターフェースはI2Cでありスマートに配線できます。スクリーレスターミナルブロック により、ドライバーなしでさっと配線。

サンプルコードの動作

リレーアレイのリレーを順番にONさせていきます。 リレーを同時に使うときは、ジャンパー線をはずして、外部電源(DC5V)が必要となります。 ※絶対に極性を間違えないでください。

サンプルコード使用時の接続

FaBo #227 を I2C0,I2C1,I2C2のいずれかに接続します。

Brick回路図

~画像〜

FaBoのライブラリをインストール

$git clone https://github.com/FaBoPlatform/FaBoGPIO-PCAL6408-Python.git
$cd FaBoGPIO-PCAL6408-Python
$sudo pip3 install .

リレーの動作チェックします。 リレーの動作は、アティブローになりますのでご注意ください。


import FaBoGPIO_PCAL6408
import time
import sys

BUSNUM=1
pcal6408 = FaBoGPIO_PCAL6408.PCAL6408(busnum=BUSNUM)

pcal6408.setDigital(0xFF, 1)   #すべてOFF
time.sleep(1)

try:
    while True:

        #順番にリレーON
        for i in range(8):
            pcal6408.setDigital(0x01<<i, 0)
            time.sleep(1)
            pcal6408.setDigital(0x01<<i, 1)
            time.sleep(1)

        time.sleep(2)
        #すべてON
        pcal6408.setDigital(0xFF, 0)
        time.sleep(3)
        #すべてOFF
        pcal6408.setDigital(0xFF, 1)
        time.sleep(3)

        #順次にリレーをON
        for i in range(9):
            pcal6408.setDigital((2 ** i)-1, 0)
            time.sleep(1)
            pcal6408.setDigital((2 ** i)-1, 1)
            time.sleep(1)

        #リレー全数オンオフテスト
        for i in range(5):
            pcal6408.setDigital(0xFF, 1)
            time.sleep(1)
            pcal6408.setDigital(0xFF, 0)
            time.sleep(1)

        #すべてOFF
        pcal6408.setDigital(0xFF, 1)

except KeyboardInterrupt:
    pcal6408.setAllClear()
    sys.exit()