Skip to content

mjpg-streamerを使用したカメラ制御

mjpg-streamerを利用してカメラの映像をストリーミング配信しwebブラウザから見られるようにします。

下準備

cmake libjpeg8-devのインストール

1
sudo apt-get install -y cmake libjpeg8-dev

mjpg-streamerのダウンロードとコンパイル

1
2
3
git clone https://github.com/jacksonliam/mjpg-streamer
cd mjpg-streamer/mjpg-streamer-experimental
make

mjpg-streamerの実行

RaspberryPiのカメラを使用する

実行前にターミナル上で'sudo raspi-config'を実行し、カメラを有効化しておく。( 5 Interfacing Options -> P1 Camera -> Yes )
実行してからWebブラウザで http://RaspberryPiのIP:8081/stream.html にアクセスするとカメラで撮影しているリアルタイムの映像が見られる。

1
./mjpg_streamer -i "input_raspicam.so -fps 30" -o "output_http.so -w ./www -p 8081"

USB接続のWebカメラを使用する

実行してからWebブラウザで http://RaspberryPiのIP:8082/stream.html にアクセスするとカメラで撮影しているリアルタイムの映像が見られる。

1
./mjpg_streamer -i "input_uvc.so -f 30" -o "output_http.so -w ./www -p 8082"