Skip to content

対応Wifi

Wifiは、USB Wifi Dongle型は、速度がまったくでないためJetBotのサンプリでは使用できない。mini PCI-Express型のWifi Moduleを使用する。

mini PCI-Express型のWifi Module

型番 メーカー 動作
8265.NGW Intel 安定して動作、速度も400M/s程度でる
8265.NGWMG Intel 安定して動作、速度も400M/s程度でる
8265.NGWMG.DTX1 Intel 安定して動作、速度も866M/s程度でる

技適情報

項目 認証番号
R 003‐160104
T D160055003

8265で使えるアンテナ

デスクトップ PC 向けインテル® Dual Band Wireless-AC 8265 には、アンテナが2本セットでついてくる

型番 メーカー 動作
8265.NGWMG.DTX1 Intel 安定して動作、速度も800M/s程度でる

8265 + アンテナを使用した理想的な環境でのパフォーマンス

アンテナをつけることで、転送速度に改善がみられる。アンテナを装着すると866m/s程度の転送速度になり、通信が安定する。

8265で使えるアンテナ基板

8265で使えるアンテナ基板の一般入手は困難である。

工場認証取得ずみ(推測)と思われる組み合わせ(市販ノートパソコンの組み合わせ)

Module Antenna Antenna Maker 搭載Notebook 入手性
Intel 8265NGW ANP6Y-100116, ANP6Y-100115 ACOM THIRDWAVE Altair F15

日本の工事設計認証(いわゆる技適)では、Moduleとアンテナがセットで申請がおこなわれる。申請時に使用したアンテナを使う必要がある。仮に、他のアンテナを使った場合は、法令違反となり、再認証が必要となる。

技術基準適合証明及び工事設計認証に関するお問合せ https://www.telec.or.jp/faq/index.html よりの転載

Q.市販されている認証若しくは技適の証明のある特定小電力機器を弊社が商品として、内蔵で使用した場合、再度、認証若しくは技適の申し込みが必要ですか。

A.市販されている認証若しくは技適の証明のある無線設備を購入して、そのままの状態(例えば、アンテナを交換するとか、操作部及び電源部などを変えることはできません。)で使用して販売することは、証明の効力には影響が生じませんので、申し込みの必要はありません。しかしながら、無線設備を変更する場合には、その証明の効力が失われます。

USB Wifi Dongle

型番 メーカー チップ型番 動作
WI-U3-866DS BUFFALO RTL8812AU 電力不足
WLI-UC-GNM BUFFALO RT2800USB 30-70M/s程度の速度がでるが速度不足
TP-LINK Archer T2U Nano TP-LINK RTL8811AU 認識しない
WN-G150UM I/O Data RTL8192CU 速度はでない(1M/s程度の速度しかでない)
WN-G300UA I/O Data RTL8192CU 速度はでない(うまくつながらない)
WDC-150SU2M Elecom RTL8188EU 速度不足