Skip to content

Basic motionの実行

PCのブラウザでJetBotのIPアドレスの8888ポートに接続します。
http://192.168.xxx.xxx:8888

Tip

Jupyterのpasswordはjetbotです。

Notebookを開く

/Notebooks/basic_motion/basic_motion.ipynb を開きます。

Notebookの実行

Jupyterで上から順番にCellを実行していきます。

Widgetは見た目の作成と、イベントの対応付けで機能します。
先にWidgetを表示してからイベント処理を対応付けることで、Widgetの操作でJetBotが動作するようになります。

Control用のViewの取り出し

Jupyterの機能を使うことで、Widgetで作成したController部分を、別のWindowに表示する事が可能です。