Skip to content

JetBot Docker

Swapは必須

Dockerベースになると、JetPackの起動時点でのSwapの設定が必須になります。Swapを設定しないと、学習時の処理がうまく動かなくなります。

Swapの設定

1
2
3
4
sudo systemctl disable nvzramconfig
sudo fallocate -l 6G /mnt/6GB.swap
sudo mkswap /mnt/6GB.swap
sudo swapon /mnt/6GB.swap

/etc/fstab

1
2
3
4
5
6
7
8
9
# /etc/fstab: static file system information.
# 
# These are the filesystems that are always mounted on boot, you can
# override any of these by copying the appropriate line from this file into
# /etc/fstab and tweaking it as you see fit.  See fstab(5).
#
# <file system> <mount point>             <type>          <options>                               <dump> <pass>
/dev/root            /                     ext4           defaults                                     0 1
/mnt/6GB.swap swap swap defaults 0 0

JetBot Dockerの設定

1
git clone https://github.com/NVIDIA-AI-IOT/jetbot/

Dockerの設定

パワーモードと他のパラメーターの初期化をおこないます。

1
2
cd jetbot
./scripts/configure_jetson.sh

JetBot Dockerに関連する環境変数の設定をおこないます。

1
2
cd docker
source configure.sh

コンテナでCUDA関連のコンポーネントを使用するために必要となるデフォルトのdockerランタイムを設定します。

1
./set_nvidia_runtime.sh

Jupuyterオンテナのメモリの上限設定をおこないます。

1
2
export JETBOT_JUPYTER_MEMORY=500m
export JETBOT_JUPYTER_MEMORY_SWAP=3G

Dockerを起動する

Dockerを起動します。

1
2
sudo systemctl enable docker  
./enable.sh $HOME