Skip to content

TensorFlow 2.0.0のインストール(3.0.2)

RaspberryPi3へのログイン

Windowsユーザは、ssh pi@IPアドレスで、OSXユーザは、ssh pi@donkeypi-命名した名前.localで、ログインしてください。

SDカード容量を増やす

RaspberryPi3のConfigを起動します。

1
sudo raspi-config

dfコマンドでファイルの空き容量を確認します。

1
df

結果

1
2
3
4
5
6
7
8
9
Filesystem     1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
/dev/root       29712700 1968580  26519276   7% /
devtmpfs          443728       0    443728   0% /dev
tmpfs             448336       0    448336   0% /dev/shm
tmpfs             448336   11596    436740   3% /run
tmpfs               5120       4      5116   1% /run/lock
tmpfs             448336       0    448336   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1     43436   22141     21295  51% /boot
tmpfs              89664       0     89664   0% /run/user/1000

TensorFlowのUpdate

Google ColabでのCUDAのVersionに合わせるために、RaspberryPi側も、TensorFlow 2.0.0-Beta1にUpdateします。

Googleの公式版のTensorFlowレポジトリでは、最新版に対応していないために、PINTO0309さんがBuildをかけて、公開してくれている2.0.0 Beta1をインストールして使用します。

Package Version
TensorFlow 2.0.0-Beta1

TensorFlow 2.0.0-Beta1をwgetコマンドで取得します。

1
wget https://github.com/PINTO0309/Tensorflow-bin/raw/master/tensorflow-2.0.0b1-cp35-cp35m-linux_armv7l.whl

TensorFlow 2.0.0-Beta1をインストールします。

1
pip install tensorflow-2.0.0b1-cp35-cp35m-linux_armv7l.whl

pip listでインストールしたVersionを確認します。

1
2
pip list | grep -i -e keras -e tensorflow     
tensorflow          2.0.0-Beta1