Skip to content

Wifiの設定

注意点

本ドキュメントはDonkeyCar 2.5.8に対応しています。

SDカードにイメージを焼き込みおわるったあとに、SDカードを抜いて、再度PCに挿し直すと、PCでSDカードが認識されます。

Wifiの設定は、前手順で作成したSDカードに、wpa_supplicant.confをコピーし、接続先のSSIDとPasswordを入力してください。

DonkeyCarの初回起動時にSDカードにあるwpa_supplicant.confが自動的に/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confへコピーされ、指定したWifiネットワークに接続されます。


wpa_supplicant


wpa_supplicant.conf をdownloadし、SDカードにコピーし、wpa_supplicant.confの値を書き直します。

ssidに接続先のssid, pskにpasswordを記載します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
country=US
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1

network={
    ssid="your network name"
    scan_ssid=1
    psk="your password"
}

PasswordのないWifiスポットに接続する場合は、下記例を参考にしてください。

1
2
3
4
5
6
7
8
country=US
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1

network={
    ssid="your network name"
    key_mgmt=NONE
}

5GHz

RaspPi3は、5GHz帯のWifiは非対応です。2.4GHz帯のWifiのアクセスポイントを設定するようにしてください。


SDカードをDonekyCarに挿入


SDカードをDonkeyCarのRaspPi3に挿入し、電源をOnにします。


接続先の確認(OSX)


DonkeyCarと同一ネットワークに接続しているOSXより、下記コマンドで接続を試みます。

1
ssh pi@donkeypi.local

項目
id pi
password raspberry

Host名について

上記方法はOSXのみで有効で、複数台使用時は、DonkeyCarのRasPi3のhost名を任意のユニークな名前に書き直す必要があります。

ifconfigでipアドレスを確認します。

1
ifconfigf -a

で表示されるWLAN0にIPアドレスが表示されます。


接続先の確認(Windows)


RaspberryPi3をHDMIケーブルでDisplayに接続します。起動画面の最後でIPアドレスが表示されれば、ネットワークに接続成功です。


wpa_supplicantの修正


接続に失敗した場合は、RaspPi3内の/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf を修正することで、接続先の変更が可能です。

1
2
cd  /etc/wpa_supplicant/
sudo nano wpa_supplicant.conf

IPアドレス

自分のIPアドレスをメモっておきます。